スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
焼き菓子 
只今、焼き菓子100個(5種)の御注文梱包中。
IMG_2970_convert_20130531161415.jpg

来週にも100個の御注文を頂いており、うちのパティシエは大忙し。

何せお店の掃除やお花の管理、銀行業務、デザートの仕込み、お昼のお客様へのおもてなし、

ランチの後かたずけ、販売用の焼き菓子作りetc・・・

17時にお店を出て二人の坊主が待つ家へ。

ホント頭が下がります。

がんばってね!!


さてさて只今、アスペルジュ・ソヴァージュ(仏産野生アスパラ)が入荷しております。

この2、3週間だけのいまが旬の野菜です。

あと大好評のキントア豚も明日第3弾が入荷予定です!!

今回は肩ロース。 ぜひお試し下さい!


もうひとつ、只今のキッシュは

ホタテ貝柱と春野菜のキッシュです。
IMG_2968_convert_20130531161541.jpg

もちろん春野菜は有機やさいです。

こちらも是非お試しください!
スポンサーサイト
 
先日「プティパリ」がお世話になっている有機無農薬生産者、田中寿恭さんの畑に
研修兼収穫に行ってまいりました。
IMG_2925_convert_20130523151401.jpg

ちょうど空豆や、スナップエンドウ、玉ねぎ、さくらんぼの収穫時期で、他にもフェンネルやビーツ、さやえんどう、ニンジン、リーフレタスなどの収穫をお手伝いさせていただきました。
完全無農薬で育ててみえるので、畑にはカエルやテントウムシなどがたくさんいました。
IMG_2921_convert_20130523151608.jpg

シェフはお野菜の収穫初心者なので、空豆やエンドウの収穫の仕方を教えて頂きます。
IMG_2910_convert_20130523152007.jpg


無農薬なので、肥料(落ち葉堆肥)を与える時期や、コンパニオンプランツ(いろいろな野菜を隣同士で育てて
虫が付かないようにする)で虫からお野菜を守ってみえました。
IMG_2940_convert_20130523152625.jpg
こちらはフェンネルです。
IMG_2948_convert_20130523153615.jpg

それでも、ウサギや猪、イタチなどに美味しいお野菜を食べられてしまうそうです
私は猪やウサギが出現することにかなりビックリしました!

そして収穫した、空豆や、スナップエンドウはプックリして美味しそう!今日もまかないでも少しいただきましたが、甘くて美味しかったです

また、畑までの山道を歩いて行くと、野苺があり、これも甘くて香りが良くホントに美味しかったです!
IMG_2956_convert_20130523152253.jpg

田中さんに「これを食べずに乾燥させたら沢山の種がとれて、育てればすごくたくさんの実がつくよ」と言われたのですが、やっぱり誘惑には勝てず、食べてしまいました
やっぱり残しておけばよかったかな~。

というわけで、ただいまプティパリではメインの付け合わせなどでたくさんのお豆をお召し上がり頂けます。
今が旬のお野菜たくさんお召し上がり下さいね。

あらためて野菜の育て方の勉強や、有機栽培無農薬農法の大変さを教えて頂きました。
ちなみに6月発売の「別冊野菜だより」にも田中さんのことが紹介されます。
興味のある方はぜひご覧くださいね
大和ポークのコンフィ フレッシュトマトのソース 
こんにちは。

只今の本日のメイン料理の御案内です。
「大和ポークバラ肉のコンフィ フレッシュトマトのソース」です。
IMG_2906_convert_20130520145541.jpg

脂身の少ない大和ポークバラ肉を2~3日お塩とニンニク、ハーブでマリネし、それを鴨と豚肉の脂で
2~3時間80℃でゆっくりコンフィにします。
ソースはトマト、玉ねぎ、ピーマン、きゅうり、バジルの爽やかな「ガスパチョ風」ソースです。
塩気の大和ポークにフレッシュなソースをたっぷりつけてお召し上がり下さい。
キントア豚のグリル 
こんにちは。
近頃、おススメメニューでご紹介している「キントア豚のグリル」です。
IMG_2896_convert_20130518151848.jpg

お客様には大好評で、「脂身が美味しい!」「赤身が柔らかい」「香りがいい」などの声を
頂いております。
バスクフェア期間中のみのスペシャルメニューです。フランスの100%純血のバスク黒豚
1度は食べてみる価値のあるお料理です。
 
これから旬になり、プティパリでは来月になると

三重県の清流、宮川よりおいしい鮎が届きます。

試作を兼ねて愛媛より養殖の鮎が届きました。
IMG_2888_convert_20130517154618.jpg

フランス料理では稚鮎でしたらエスカベッシュに、

大きくなればコンフィやローストにしたりします。

今回はハーブと塩でマリネし、にんにくの香るオリーブオイルでコンフィにします。

オリーブのソース「タプナード」、とドライトマトなど鮎の内臓にも合うソースで

いかがでしょうか?
本日のオードブル 
ただいま御提供しているオードブルは
伊勢志摩産・サザエ、ホタテとアワビのオーブン焼き、
フランスブルゴーニュ種のエスカルゴ添えです

IMG_2872_convert_20130516154042.jpg

伊勢志摩産の魚介は磯の香りがしておススメなのですが、
さらにおススメなのがエスカルゴです。
三重県松阪市で世界で初めてブルゴーニュ種のエスカルゴ養殖に成功した、
エスカルゴ牧場さんの一級品を使用したオーブン焼きです。
歯ごたえ、土の香り、味共に素晴らしく、高価ではありますが、思い切って使用し続けようと思っています。

ぜひ、最高級のエスカルゴをお試しください


プティパリの野菜 
こんにちは。
当店のお野菜は、ほとんど天理市で有機栽培のお野菜を作ってみえる小柴農園さんと、岐阜の國井さんより
届けられるものを使用しております。
IMG_2879_convert_20130515154836.jpg

本日のお野菜は写真の左上よりカーボロリーフ(イタリアのちぢれキャベツ)、カブ、姫にんじん、菜花、スナップエンドウ、シャンパーニュ(きぬさや系)、スイスチャード、春キャベツです。
こちらのお野菜はメイン料理の付け合わせやキッシュなどに使用し、お客様にも大変好評を頂いております。

プティパリのお野菜でぜひミネラルチャージして下さいね
キントア豚 
昨日もお知らせしましたキントア豚リブロースの写真です。

IMG_2881_convert_20130512161605.jpg

脂身にクセがなく香りよく、赤身も非常にジューシーに焼き上がりました。

もう少し調理に馴れれば写真をアップします。

なにせ一皿(350~400グラム)の原価が¥2500~3000というとんでもない高価な豚ですので

神経質になり写真を撮り忘れました(原価は骨と脂身を掃除して輸送量も含めた価格です。)

お客様に御提供させていただくお値段は2~3人分で¥4500(税込)です。

アラカルト以外にも追加料金が掛かりますがランチやディナーコースにも組み込んで頂くことが可能です。
 
フランス南西部バイヨンヌよりバイヨンヌ産生ハム入荷しました
IMG_2880_convert_20130511153628.jpg

普段お出ししていたパルマ産生ハムより味が濃く、香りが強いのが印象的です。
ジャンボン・ド・バイヨンヌの原料にはフランス南西部で生産された豚のみが使用され、
その豚には同地域で栽培されたトウモロコシが与えられています。
大西洋とピレネー山脈とアドゥール川流域に囲まれた地域で、フェーン現象による
暖かくて乾燥した南風が生ハムの熟成を促します。

少し量は減りますが、お値段Sサイズは¥530 Mサイズは¥890のお値打ち価格です。
少ない量でも充分にご満足いただけると思います!
私も本日まかないでいただきましたが、とってもお薦めです。

とても珍しく、なかなかお召し上がり頂けないので、ぜひこの機会にどうぞ。

昨日お話した、バスク地方料理、本日より始まります。
キントア豚リブロースのグリル、とってもお薦めですので一度お試しください
またバスク地方の伝統菓子「ガトーバスク」も焼き上がっています
IMG_2882_convert_20130511154049.jpg


皆様の御来店心よりお待ちしてます。

お魚入荷しました! 
こんにちは。久しぶりの雨ですね。

週末恒例、伊勢浜口さんよりお魚入荷しました。
IMG_2878_convert_20130510152724.jpg

チヌ鯛、さざえ、ヤリイカです。
チヌ鯛はポワレして、タップナード(オリーブ、アンチョビ、ケイパー)ソースで、
さざえはエスカルゴバターをのせて、オーブン焼きに、
ヤリイカは明日から始まる、バスク地方料理フェアーのメニュー、「ヤリイカの墨煮 バスク風」
でお召し上がりいただきます。

浜口さんの魚介は潮の香りがして、絶品です!!
ぜひぜひお試しください。

そして、バスク地方料理フェアーの目玉といたしまして、
「100%純血 バスク黒豚 キントア豚リブロースのグリル」
が明日より始まります。
世界で年4000頭のみの流通しかないキントア豚がプティパリで味わえます!
数に限りがありますので、御予約お待ちしております。

車エビと春野菜のキッシュ 
御無沙汰しています。
ゴールデンウィークはたくさんのお客様に御来店頂き、ありがとうございます。
ディナータイムには久々にお会いできるお客様もいて、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
お料理お待たせしたお客様、申し訳ございませんでした。



只今の、キッシュですが「車エビと春野菜のキッシュ」です。
IMG_2877_convert_20130509155717.jpg

プリプリの車エビとスナップエンドウなどの春野菜がベストマッチです。
ぜひお試しくださいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。